リデライトオーディオのブログ(仮)

オーディオアクセサリーの専門店「リデライトオーディオ」のブログです。

【レビュー】ティアックのプリメインアンプ「AX-505」を試しました

まず最初に宣言しておきます。私の試聴環境については、正直に言ってとても声高に紹介できるものではありません…!!

オーディオ評論家の方々からはもちろん、オーディオが趣味と言い切れる、本格的に好きな方々から見ると、「えっ、そんなシステム!?」と言われることは間違いありません(笑)。それはそれはかなり安価なシステムなのです…。

ただ、安ければ音楽が聴けないかと言われれば、そんなこともありませんよね。かなり安価ではあるのですが、購入する際は悩みに悩んで、選択したオーディオ一式なので、それなりに気に入ってはいます。

もちろん、システムのグレードアップはいつか行いたいなと思っています!今はまだ投入できる余力がありませんので、新しい機種やギリギリ手が届きそうな機種のメーカーページをブックマークして定期的に覗きに行っては、あたかも『手に入れた気分』を味わうことが、近頃のルーティンになっています。直近では、ソナスファベールの「Lumina1」が気になってます。ブランド力、価格、遊べる仕様…と売れる要素が詰まった面白いスピーカーと思います。

さて、こんな私が発売した時からずっと興味を持っていたアンプがありまして、それが今回ブログに書きます『ティアックのプリメインアンプAX-505』です。

このアンプは、ティアックのReferenceシリーズのうちのひとつです。ティアックのReferenceシリーズと言えば、小型の筐体に様々な機能を詰め込んだ「全部入りモデル」や、パワーアンプ・クロックなどの「機能専門モデル」などがラインナップされていると思います。私がオーディオシステムを揃えようと思った際は、AI-301DAも候補にしていました。コンパクトな全部入りモデルですね。

そして、今回ティアック様からAX-505を借りることができまして、試すことが可能になりました。発売から数年経ってはいますが…(笑)…参考になれば幸いです。

AX-505の価格はオーディオ界全体で見れば、そこまで高額ではない部類と思います。また、後述しますがシンプルな構成のプリメインアンプですが、扱いやすい機種になっていると思いますので、現役のうちはまだまだ推したいアンプです。それでは、早速私なりにレビューしたいと思います。

【1】A4サイズに収まるコンパクトなサイズ

ティアックのプリメインアンプAX-505を開封した画像


まず何よりも筐体が本当にコンパクトです。業務用のオーディオ機器では、AVラックに収まるように、高さが1Uや2Uサイズになっているものはありますが、一般民生用のオーディオ機器では「A4サイズ」というのは十分コンパクトであることに疑いはないと思います。他メーカーでコンパクトな機種を出しているところといえば、城下工業のサウンドウォーリアブランドや、ジェフローランドの一部モデルといったところでしょうか。

非常にコンパクトなので機器の配置転換がとてもやりやすく、ケーブル接続・交換もスムーズに可能と思います。昔は、筐体の内部部材にとにかく物量を投入した、サイズが大きい機器が正義だったと聞いたことがあります。このティアックのReferenceシリーズほどでなくとも、やはり小型で良い音で聴けるモデルが増えてくれば、デスクトップなどにも設置できるので、若者の新しいオーディオライフが提案できるかなとも思いますが、どうでしょうか。

【2】コンパクトサイズなのにバランス入力端子を装備

ティアックのプリメインアンプAX-505の背面画像


私はアンバランス接続とバランス接続であれば、バランス接続のほうがベターかな、と思う派です。どちらが優れているかという話ではなく、これまでバランス接続で音楽を聴いてきた結果、バランス接続の方が好きになってきましたね。きっかけは、ヘッドホンアンプとヘッドホンを2.5mmのL/Rでバランス接続を行った際の「音の拡がり具合」でした(Victorのヘッドホンアンプだった記憶)。とにかくその心地良いサウンドに驚き、そこからはバランス接続のほうが良いと感じるようになったのです。

また、バランス端子が装備されているということは『自分好みの良い音の追及』という本来のオーディオの楽しみとして選択肢が用意されているモデルということですよね。色々、RCAタイプだったり、XLRタイプだったり、色々ケーブルを取り換えて追求できる。これは、AX-505が持つとても魅力的なポイントかなと思います。もちろん、バランス端子を装備しているプリメインアンプは他メーカーにもありますが、「AX-505のクオリティと価格は絶妙なバランス。」というところを評価したいと思います。

【3】ピン端子、スピーカー端子の間が広い

ティアックのプリメインアンプAX-505の端子間隔が広い


これは細かいことかもしれません。でも、普段使用しているアンプはONKYOのモデルなのですが、これが端子間が狭い!ちょっと造りに拘ったRCAケーブルの場合は、端子の間隔がキチキチになってしまって、最悪の場合ピッタリとくっついてしまったり、端子がお互いに邪魔して歪んでしまったり…と、かなりストレスでした。しかもこの所有機種はRCA端子だけでなくスピーカー端子も同じで、裸のケーブル線を端子と接続する場合は、斜めに挿入して固定するタイプなので、これも結構取り付けづらいんです…。

その点、AX-505は端子間隔がかなり広いです。写真の通りで、親指一本分の隙間があります。スピーカー端子も同じく広めになっており、また裸ケーブル線を接続する場合は、端子の上から挿入するタイプなのでとてもやりやすいです。小さいことかもしれないのですが、個人的にこの端子間の距離が離れていることはとても嬉しい仕様でした。

【4】クリアかつ強靭なサウンド

様々な音源を聴いてみましたが、元のシステムと比べて、
「音の滲み感が無くなって、すっきりクリア」
「低音が引き締まり、ドラムの音やベースの音が力強く鳴り響く」
印象を受けました。

私の好きなディアンジェロのVoodooを筆頭に、クラシックCD、洋楽CDなどを聴いてみましたが、そのサウンドの変わりように、とても驚きました。

(オーディオはこうでなくちゃな…)という気持ちにさせるサウンドで、低音域のボワツキはかなり抑えられ、「ボコッ」「ドコッ」とした強いエネルギーになりました。ボーカルも高音域はすっきりと天然水のような爽やかさで、こちらも滲みが取れ、耳心地の良いサウンドとなりました。

むしろ、普段使っている機器との違いが本当によく分かって、若干ショック…。

【5】他のReferenceシリーズと組み合わせれば、さらに楽しめる幅が広がる

ティアックのプリメインアンプAX-505の前面画像


冒頭に書きましたが、AX-505は、DAC機能はありませんし、フォノ端子も装備していません。付け加えると、トーンコントロール機能も無く、機能面ではかなりシンプルに絞られていると思います。

ただ、AX-505のコンパクトなサイズと、ケーブルの交換の容易さ、バランス端子装備、と「オーディオ機器として遊びやすいモデル」になっています。他のReferenceシリーズである、UD-505やPE-505と組み合わせれば、遊ぶ幅はもっと広がるでしょう。バランス端子無しで、代わりにDAC機能搭載の「AI-503」というプリメインアンプもあるのですが、ここは「バランス端子」に個人的に優先度を与えたいです…。

【まとめ】

さて今回は、ティアックのAX-505を取り上げました。当ショップではスピーカーやアンプ類は販売していないですが、個人的にとても気になっていたので、レビュー記事を書いてみました。参考になれば幸いです。

Twitterにも書きましたが、AX-505…欲しくなりました。

お読みいただき、ありがとうございました。